技術者トレーニング

技術者トレーニング

クラウドに関する技術トレーニングを提供しています

アジュールパワーでは、Microsoft Azure、Office 365 を中心とした、クラウドの技術者育成のためのトレーニングを開催しています。
単なる資格の取得ではなく、実際の構築・運用のノウハウを活かしたトレーニングを提供していますので、
サービスの要素技術を習得はもちろんのこと、実際に構築する際の落とし穴や検討すべきポイントなどを習得できます。

トレーニングの詳細については、弊社担当者までお問合せください。

  • [こんな方におすすめです]
  • Azure を利用したプロジェクトを開始するにあたり、エンジニアのスキルのベースラインを底上げしたい
  • これから Azure やOffice 365 をはじめてみたいが、どこから手をつけてよいのかわからない
  • 自社のソリューションをクラウド化したいのだが、Azure 周りのノウハウを持ち合わせていない
  1. クラウド技術者育成
  2. 営業・技術者向け
  3. 新入社員向け

クラウド技術者育成トレーニング

Microsoft Azure を始めるにあたって必要となる技術要素の習得を、セミナーとハンズオンの2つ形式を通して行います

特徴
弊社から提供されているトピックの中から、カフェテリアのように習得したい内容を必要な分だけ組み合わせて、
御社にとって最適なオリジナルトレーニングコースを提供することが可能です
トピックに含まれないものにつきましては、別途お見積りにより対応させていただきます
Azure でよく利用される機能のトピックをセットにしたコースもご用意しています
弊社提供トピック

 (※) ●印はAZR201H Azure IaaS ハンズオントレーニングに含まれている内容です

営業・技術者向け個別トレーニング

Azure から Office 365 まで、様々なテーマのトレーニングを実施しています。
サービスの概要と価値を知るためのセミナー形式のトレーニングから、より詳細な技術を習得するための
ハンズオン形式のトレーニングまでご用意しております。


弊社提供トレーニング

サービスの基礎を知りたい   より詳細な技術を習得したい
(営業向けセミナー)   (技術向けワークショップ・ハンズオン)
    office365の管理に必要な機能を理解する   ネットワークを理解する
PRD101 arrow PRD201   AZR221
    zure IaaSと関連サービスを理解する   Azure ADを理解する
AZR101 arrow AZR201H   AZR222H
OMS101 arrow AzureBackupを理解する    
OMS201H    
Log Analyticsを理解する   さらに高度なLogAnalytics活用
OMS202H arrow OMS302H

 

PRD101:営業マンのための Office 365入門
目的 Office 365 を提案する営業マンとして最低限押さえておくべき知識を習得します
提供形態 セミナー形式
アジェンダ
  • Office 365 各サービス概要、利用イメージ
  • 各サービスの紹介と提案シナリオ
  • 販売形態、ライセンス
  • 提案時の注意事項
  •       既存環境からの移行にあたり注意すること
  • Office 365 ロードマップ
実施期間 4時間

 

PRD201:管理者向け Office 365トレーニング
目的 Office 365 の管理者として必要な知識を身につけ、有効活用ができるようにします
提供形態 セミナー形式
アジェンダ
  • Office 365 システム要件
  • Office 365 機能の有効化・ライセンスの付与
  • ユーザー管理・グループ管理
  • Skype Online 管理コンソール
  • SharePoint Online 管理コンソール
  • Yammer 管理コンソール
  • Office 365 クライアント展開
  • Office 365 ID管理 (Azure AD)
  • Office 365 管理ツールの紹介
  • その他の機能の紹介
実施期間 4時間

 

AZR101:営業マンのための Azure 365入門
目的 Microsoft Azure を提案する営業マンとして最低限押さえておくべき知識を習得します
提供形態 セミナー形式
アジェンダ
  • Microsoft Azure の概要
  •      Azure サービス概要、PaaS と IaaS、ネットワーク関連
  • Microsoft Azure のデータセンター
  •      Azure DC の概要とセキュリティ
  • モデルシナリオでの Azure 活用・提案イメージ
  • Azureの課金方法と概算費用の算出
  • Azureの購入方法とサポート
実施期間 3時間

 


AZR201H:Azure IaaS ハンズオントレーニング
~ Azure IaaS基礎 と 運用管理 ~

目的 Azure IaaS を始めるにあたり、必要な技術要素の習得を
座学とハンズオンの両方で実施します
提供形態 ハンズオン形式
アジェンダ
  • Microsoft Azure の概要
  • Azure ポータル
  • Azure 仮想マシン、ストレージ、Azure 仮想ネットワーク
  • Azure の管理モデル
  • 仮想マシンの管理
  • バックアップ・ログ収集とモニタリング、DR サイト構築、
    Azure Active Directory、Azure の可用性、クラウドへの移行
実施期間 2日間
備考 クラウド技術者育成トレーニングの一部として開催いたします

 

AZR221:技術者向け Azure Express Route トレーニング
Azure 基礎 ~ Express Route 導入
目的 Express Route を導入するにあたり必要となるネットワーク知識の習得と
実際の設定における留意点を理解します
提供形態 セミナー形式
アジェンダ
  • Microsoft Azure は
  • Azure ネットワーク概要
  • ユーザー管理・グループ管理
  • Express Route の概要
  •      ExpressRoute の概要、サイト間VPNとの比較、サービス提供形態と価格
  • Azure のルーティング機能
  •      自動ルーティング範囲、ルーティングドメイン、ExpressRouteとVPNの併用
  • Express Route の設定方法
  •      回線業者とSIer(CIer)の切り分け、設定の流れ、設定方法
実施期間 3時間

 

AZR222H:技術者向け Azure アカウント管理 技術ワークショップ
目的 Azure Active Directory とオンプレミス環境の Active Directory との
連携について実機を使いながら理解する
提供形態 ハンズオン形式
アジェンダ
  • クラウド ID 管理
  • Active Directory と Azure AD、クラウドID管理の仕組み・パターン、フェデレーションとSSO
  • Azure AD Connect 概要
  • アカウント同期ツールの歴史、AAD Connect の概要・導入パターン
  • 演習
  • AD と Azure AD を構築し、Azure AD Connect を利用した同期の実装
  • トラブルシューティング
実施期間 4時間

 

OMS101:クラウドベースの運用管理
Operations Management Suite 概要
目的 クラウドベースの運用管理を実現する
Operations Management Suite について理解します
提供形態 セミナー形式
アジェンダ
  • なぜクラウドベースの管理なのか
  • クラウドへのバックアップ(Azure Backup)
  • クラウドで情報の可視化(Log Analytics)
  • クラウド環境のセキュリティ対策(Security)
  • クラウドでディザスターリカバリー(Azure Site Recovery)
  • クラウドで自動化(Automation)
  • OMSをより便利にするためのコンポーネント(System Center 2016)
  • ライセンス体系と利用方法
実施期間 2時間

 

OMS201H:クラウドベースのバックアップ
Azure Backup 活用
目的 Azure Backup を利用したクラウドベースの
バックアップ環境を構築できるようになります
提供形態 ハンズオン形式
アジェンダ
  • Azure Backup 概要
  • Azure 仮想マシンバックアップとリストア
  • Azure Backup エージェントによるコンテンツバックアップとリストア
  • Azure Backup と SCDPM の関係
  • クラウドベースのバックアップの特性(サイジング・留意点など)
実施期間 4時間

 

OMS202H:クラウドベースのログ収集と分析
Log Analytics 活用
目的 Log Analytics の環境構築および初期設定を通して、
システムの状況を可視化できるようになります
提供形態 ハンズオン形式
アジェンダ
  • Log Analytics の展開
  • 既存テンプレートの利用
  • アラートの作成、メールによる通知
  • 運用管理ツール(SCOMやZABBIXなど)との位置づけ
  • オンプレミス環境の管理
  • ライセンス体系について
実施期間 4時間

 

OMS302H:クラウドベースのログ収集と分析
Log Analytics 活用(応用編)
目的 Log Analytics のより高度な活用に必要なカスタマイズを中心に、
一歩踏み込んだサービスの利用ができるようになります
提供形態 ハンズオン形式
アジェンダ
  • 高度なクエリの活用
  • カスタムテンプレートの作成
  • PowerBI との連携による高度な可視化
  • Automation 連携による自動化
実施期間 4時間

新入社員向け集中トレーニング

新卒を含む新人向けにクラウド技術者として必要となる技術要素を習得します
本トレーニングでは特に Microsoft 社のクラウドサービスを中心に周辺技術の習得とハンズオンを含めたトレーニングを実施します

単なるクラウドサービスの使い方を覚えるのではなく、クラウド技術を使ったサービスを提案・構築できるようになることを目的とします

                         ✔3週間で日程を組んだ場合の実施例
                          ✔お客様やパトナーにあわせてコース調整可能

資料請求はこちら

PAGE TOP